OPL 株式会社 オプトライン

English

企業情報

沿革

1982年(昭和57年)
  • ・1月12日に東京豊島区西池袋2-40-7 カツマタビルにおいて
    株式会社オプテック創立
  • ・代表取締役社長・石井亮二、資本金500万円、従業員1名
1985年(昭和60年)
  • ・資本金を1,000万円に増資
1986年(昭和61年)
  • ・8月に社名を株式会社オプトラインへ改称
  • ・1986年までに事業拡大に伴い3回移転
1988年(昭和63年)
  • ・資本金を2,000万円に増資
1999年(平成11年)
  • ・10月に技術部を創設
  • ・1991年から97年までに事業拡大に伴い3回移転
2000年(平成12年)
  • ・1月に技術部を独立させ有限会社オプティカルシステムズ創立
2006年(平成18年)
  • ・1月に大阪営業所を開設
2007年(平成19年)
  • ・7月に理化学研究所内の
    理研BSI・オリンパス連携センター(理研BOCC)への協賛を開始
2008年(平成20年)
  • ・4月に有限会社オプティカルシステムズを
    株式会社へ改組すると共に社名を株式会社デルタ光器へ改称
  • ・北海道大学電子科学研究所内の
    ニコンイメージングセンター(NIC)への協賛を開始
2011年(平成23年)
  • ・海外展示会に初出展
  • ・2月:PhotonicsWest(米国San Francisco)
  • ・5月:Laser World Of Photonics(独国Munich)
  • ・9月に北海道大学の“ ニポウディスク方式による
    スキャナーユニット”の特許専用実施権を取得し、
    ブランド名“MESSIA®”として販売を開始
  • ・12月に本社を東京都豊島区東池袋1-24-1の
    ニッセイ池袋ビルの現住所へ移転
2012年(平成24年)
  • ・4月にR&Dセンター開設(大阪大学産業技術研究内)
2014年(平成26年)
  • ・4月に初の新卒採用社員が入社
  • ・11月に代表取締役社長に石井淳一が、
    取締役会長に石井亮二がそれぞれ就任