OPL 株式会社 オプトライン

English

分光器

UV470-151/UV470

UV470-151

UV470-151分光器は、収差補正型凹面グレーティングを採用することで、迷光を抑え(<0.07% @ 340 nm)、高いS/N比(1600:1)を実現。ディテクタに浜松ホトニクス社製CCDイメージセンサ(S11151-2048)を搭載し、高感度で広いダイナミックレンジを持ったOEM供給に適した分光器です。

仕様

光学系
グレーティング 収差補正型凹面グレーティング(470g/mm)
波長レンジ 190 nm - 850 nm
焦点距離 70 ㎜
F# 2.0
迷光 <0.07% @ 340 nm、 <0.01% @ 435 nm
平均分散 21.33 nm/mm
分解能 1.0 nm - 1.5 nm(スリットに依存)
入射スリット 15 μm(標準)、25 μm、50 μm、100 μm
ファイバー接続 SMA 905(NA=0.22)
エレクトロニクス
ディテクタ 浜松ホトニクス製 S11151-2048 CCDリニアイメージセンサ
ピクセルサイズ 14 μm x 200 μm
ピクセル飽和電荷量 200,000 エレクトロン
A/D 分解能: 16ビット
ダイナミックレンジ 7200:1
S/N比 1600:1
積分時間 2.1 ミリ秒 - 6.5 秒
OS Windows XP、Windows 7
コンピュータインターフェース USB 2.0

※クリックで拡大表示

UV470

他のディテクタを採用した廉価版ラインナップ。収差補正型凹面グレーティングを採用することで、迷光を抑え(<0.07% @ 340 nm)、高いS/N比(1200:1)を実現。

仕様

光学系
グレーティング 収差補正型凹面グレーティング(470g/mm)
波長レンジ 190 nm - 850 nm
焦点距離 70 ㎜
F# 2.0
迷光 <0.07% @ 340 nm、 <0.01% @ 435 nm
平均分散 21.3 nm/mm
分解能 1.4 nm @190-850nm(スリットに依存)
入射スリット 15 μm(標準)、25 μm、50 μm、100 μm
ファイバー接続 SMA 905(NA=0.22)
エレクトロニクス
ピクセルサイズ 8 μm x 200 μm
ピクセル飽和電荷量 100,000 エレクトロン
A/D 分解能: 16ビット
ダイナミックレンジ 2000:1
S/N比 1200:1
積分時間 0.1 ミリ秒 - 6.5 秒
OS Windows XP、Windows 7
コンピュータインターフェース USB 2.0

※クリックで拡大表示

付属ソフトウェア

付属のソフトウェア(英語版のみ)